『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2』:テレビシリーズの再編集・総集編の概念を覆す @DVD

ということで、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』全26話を観たわけだけれど、この後の劇場版鑑賞としては、製作された順でいけば『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』を観るのが順序なのだが、近所のレンタル店には置いていない。 なので、鑑賞する順としては、『シト新生(DEATH&REBIRTH)』のDEATH編を後に再編集した…
コメント:0

続きを読むread more

『新世紀エヴァンゲリオン』テレビシリーズ:シリーズのベースにあるふたつの世界観 @DVD

春先に『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を鑑賞し、「すごい!」と思ったことは先に記しました。 で、大元のテレビシリーズはどうだったかしらん? 観ているはずだけれど、後半はほとんど覚えていない・・・ なにせ、綾波レイが人造人間だった設定すら忘れていた・・・ ということで、テレビシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』全26話を改…
コメント:0

続きを読むread more

『いのちの停車場』:在宅医師主役のスター映画ってところに無理があるなぁ @ロードショウ

吉永小百合主演最新作『いのちの停車場』、ロードショウで鑑賞しました。 〇〇〇〇最新作、と書きだしたときに〇〇〇〇に入るのは監督名が多いのですが、「スター映画」の場合は別。 つまり、観る側のわたしとしても、「吉永小百合の映画」ということで観に行っているわけです。 さて、映画。 東京の急性期医療を扱う総合病院の救命救急センタ…
コメント:2

続きを読むread more

ニコラス・ケイジ『ウィッカーマン』:『白い肌の異常な夜』からの影響もありやなしや @DVD

先に名画座2本立てで『ウィッカーマン final cut』を観たので、ならばこれも観なきゃ!ってことで、2006年のリメイク版『ウィッカーマン』、DVDで鑑賞しました。 オリジナル版と紛らわしいので、『ニコラス・ケイジ/ザ・ウィッカーマン』とタイトル表記は区別してほしかったです。 さて、映画。 カリフォルニアで白バイ警官をして…
コメント:0

続きを読むread more

『ウィッカーマン final cut』:『ミッドサマー』を観たなら、これも観なきゃ! @名画座2本立て

1973年に製作された映画に未公開カットを追加・編集して完成した『ウィッカーマン final cut』、名画座2本立てで鑑賞しました。 昨年、初期コロナショック時にスマッシュヒットした『ミッドサマー』を観たなら、これも観なきゃ!ってことでの鑑賞です。 さて、映画。 イングランド本土の警察あてにスコットランドの離島サマーアイ…
コメント:0

続きを読むread more

『バクラウ 地図から消された村』:まだるっこい描写が続いて辟易の異色作 @名画座2本立て

昨年11月公開の『バクラウ 地図から消された村』、名画座2本立てで鑑賞しました。 カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞を受賞した異色作(だそうな)。 さて、映画。 ブラジルの寒村バクラウ。 村の女長老が死去し、葬儀のために久々に帰郷したテレサ(バルバラ・コーレン)。 バクラウでは水資源をめぐって隣の中核都市と…
コメント:0

続きを読むread more

『僕が跳びはねる理由』:彼らがみたり感じたりする世界が描かれているかしらん @ロードショウ

イギリス製ドキュメンタリー映画『僕が跳びはねる理由』、ロードショウで鑑賞しました。 元となっているのは、自閉症の作家・東田直樹が、13歳の時に執筆した『自閉症の僕が跳びはねる理由』。 後に世界的なベストセラーになるのだが、英語版の翻訳者が自閉症スペクトラムの彼らからみた世界に興味を持ち、世界各国の自閉症スペクトラムの彼らからみた…
コメント:0

続きを読むread more

『アメリカン・ユートピア』:「カッコイイとは、こういうことさ」と変わらずに思う @ロードショウ

デイヴィッド・バーン×スパイク・リーのコラボレーション映画『アメリカン・ユートピア』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 2018年発表の、元トーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンによるアルバム『アメリカン・ユートピア』。 バーンはツアー後に、本アルバムをもとにしてブロードウェイ・ショウを行った。 …
コメント:2

続きを読むread more

『サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密』:ベルイマン、タルコフスキー、ヘルツォーク・・・ @DVD

『ナンシー』や『ニューヨーク 親切なロシア料理店』のアンドレア・ライズボロー主演『サイレント・アイランド 閉じ込められた秘密』、DVDで鑑賞しました。 2014年製作のイギリス映画で、監督・脚本はコリーナ・マクファーレン。 はじめて聞く名前です。 さて、映画。 第二次世界大戦後数年のスコットランドの孤島。 島は珪藻土採…
コメント:0

続きを読むread more

『明日の食卓』:息子を殺したのは、私ですか・・・? @ロードショウ

『64 ロクヨン』『楽園』などの瀬々敬久監督最新作『明日の食卓』、ロードショウで鑑賞しました。 ポスターなどのメインキャッチコピーは「息子を殺したのは、私ですか・・・?」、出演陣も含めてそそられる題材です。 さて、映画。 日本各地の三組の石橋母とユウの親子。 ひとつは神奈川県に住むフリーライター・石橋留美子(菅野美穂)。…
コメント:4

続きを読むread more

『茜色に焼かれる』:主人公の口癖「がんばりましょ」は、「正しく生きていきましょう」ということか @ロードショウ

『舟を編む』などの石井裕也監督最新作『茜色に焼かれる』、ロードショウで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 田中良子は芝居が得意だ・・・という字幕がでる。 ほどなくして、男性がひとり、交差点で交通事故に遭い、死亡する。 それから7年。 死んだ男性の残された妻・田中良子(尾野真千子)が、元上級官僚の加害者老人の葬式…
コメント:0

続きを読むread more

『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』:歌は聴きごたえがあるが、ストーリーが調子っぱずれ @DVD

昨年末公開のアメリカ・イギリス合作映画『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 20代のマギー(ダコタ・ジョンソン)は、歌姫グレース・デイヴィス(トレイシー・エリス・ロス)のパーソナル・アシスタント。 簡単にいえば、雑用係の付き人だ。 音楽プロデューサーを夢見ていて、知…
コメント:2

続きを読むread more

『魔女がいっぱい』:ブラックでグロテスクなスパイスが効いているよ @DVD

昨年末公開のアメリカ映画『魔女がいっぱい』、DVDで鑑賞しました。 原作は『チャーリーとチョコレート工場』などのロアルド・ダール、監督はロバート・ゼメキス・・・とくれば、少々ブラックでグロテスクなスパイスが降りかかっていることは間違いない。 さて、映画。 60年代ぐらいの米国。 自働車横転事故で両親をなくした「ぼく」(ジ…
コメント:2

続きを読むread more

『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』:一応サスペンス映画なのだけれど、本国ではコメディ扱いのようで @DVD

昨年6月公開のフランス・ベルギー合作映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』、DVDで鑑賞しました。 監督は『ドライ・クリーニング』『恍惚』『ボヴァリー夫人とパン屋』のアンヌ・フォンテーヌ。 さて、映画。 亡き父のホテルで働く若くて美しいクレア(ルー・ドゥ・ラージュ)、 父の死後、ホテルの経営は義母モード(イザベル・ユ…
コメント:0

続きを読むread more

『ぶあいそうな手紙』:手紙に至るまでが少々まだるっこしいね @DVD

昨年7月公開のブラジル映画『ぶあいそうな手紙』、DVDで鑑賞しました。 原題は「AOS OLHOS DE ERNESTO」、エルネストの眼を通して。 日本語タイトルとは、少々意味合いが異なりますね。 さて、映画。 ブラジル南部の街・ポルトアレグレにひとりで暮らす老齢のエルネスト(ホルヘ・ボラーニ)。 頑固な上にほとんど…
コメント:4

続きを読むread more

『ファーザー』:アンソニーによれば、世界は・・・ だが実際は・・・ @ロードショウ

本年度の米国アカデミー賞2部門受賞の『ファーザー』、ロードショウで鑑賞しました。 受賞したのは、最優秀主演男優賞と脚色賞。 もとは本作の監督フロリアン・ゼレールによる舞台劇のようです。 さて、映画。 英国ロンドンのフラットでひとり暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)。 認知症の傾向があり、何かあると長姉…
コメント:2

続きを読むread more

『おとなの事情 スマホをのぞいたら』:コメディに「絆」とか「いいハナシ」は不要じゃないかしらん @DVD

本年1月公開の日本映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』、DVDで鑑賞しました。 イタリア映画『おとなの事情』の日本版リメイク。 世界各国でもリメイクされているようですね。 さて、映画。 ある出来事をきっかけに、1年に1度、その日に会うことにしている男女7人。 3組の夫婦と独身男性がひとり。 独身の彼が、今日はパー…
コメント:2

続きを読むread more

『サイレント・トーキョー』:往年の傑作をもじって『渋谷ハチ公前大爆破』にすれば良かったのに @DVD

昨年12月公開の日本映画『サイレント・トーキョー』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 クリスマス・イブの12月24日。 「東京・恵比寿に爆弾を仕掛けた」という電話がテレビ局にかかってくる・ どうせガセネタだろうと思いつつ、クルーふたりで出かけたところ、広場のベンチで蒼白な顔をした女性を発見。 「ベンチ…
コメント:4

続きを読むread more

『わたしは光をにぎっている』:ややまだるっこいが、印象的なショットも多く、悪くない @DVD

2019年11月公開の日本映画『わたしは光をにぎっている』、DVDで鑑賞しました。 主演は松本穂香。 監督は『四月の永い夢』『静かな雨』などで地道に注目を集めている中川龍太郎。 鑑賞するのは、本作がはじめてです。 さて、映画。 長野県で湖畔の宿を祖母と切り盛りしていた孫娘・澪(松本穂香)。 祖母が働けなくなり、宿は閉…
コメント:2

続きを読むread more

『Birth-つむぐいのち-』『Birth-おどるいのち-』:出産をテーマにしたオムニバス・アニメーション @Yo…

ドキュメンタリー映画『プリズン・サークル』に登場するアニメーションが気になったので、アニメーション監督の若見ありさについてネットで検索。 『Birth-つむぐいのち-』『Birth-おどるいのち-』の2作品をYouTubeで観ることができました。 いずれも実話に基づいたアニメーション。 はじめに『Birth-つむぐいのち-…
コメント:0

続きを読むread more