テーマ:90年代

『リフ・ラフ』:遣り切れなさが強く残る作品 @VHS

買い置き中古VHSで、1991年製作のケン・ローチ監督の『リフ・ラフ』を鑑賞しました。 ケン・ローチ監督作品は今年に入ってから『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観ていますが、なんだかずっと前に観たような印象で、同じく買い置き中古VHSで昨年観た『レイニング・ストーンズ』の方が、最近観たように思っていました。 それはさておき、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『インシデント!』:ウォルター・マッソーが弁護士を演じる2作品 @DVD

自宅の積読DVD鑑賞第2弾は、ウォルター・マッソーが弁護士ハーマン・コッブに扮したテレビムーヴィ。 1990年代に2本つくられており、続けて鑑賞しました。 1作目『インシデント! ブレーメンの出来事』は1990年製作(原題「THE INCIDENT」)。 監督はジョセフ・サージェント。 ということは『サブウェイ・パニック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アーバン・ハーベスト』『アーバン・ハーベスト2』:「とうもろこし畑の子供たち」第3・4弾 @VHS

久しぶりにスティーヴン・キング原作作品を鑑賞です。 映画は『アーバン・ハーベスト』『アーバン・ハーベスト2』。 キングの短編小説『とうもろこし畑の子供たち』の映画化権が転売されて続々とつくられた『チルドレン・オブ・ザ・コーン』シリーズの第3作と第4作目にあたります(第2作目は『死の収穫』)。 転売されて続々とつくられていくうちに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一瞬の夢』:経済政策に取り残されてしまった遣る瀬無さ @名画座

11月の名画座鑑賞はジャ・ジャンクー監督の新旧2本立て。 2本目は1997年製作のデビュー作『一瞬の夢』。 原題は「小武(シャオ・ウー)」、主人公の名前です。 山西省の埃っぽい町。 中国の経済政策もこの小さな町にも押し寄せ、古い町の至るところで立ち退き、開発がある。 スリを生業にしているウー(ワン・ホンウェイ)は、経済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レイニング・ストーンズ』:無責任に優しいヒューマン映画 @VHS

1993年製作のケン・ローチ監督『レイニング・ストーンズ』、買い置きの中古VHSで鑑賞しました。 VHS! まぁ、そのむかし近所の中古店で格安でみつけたものなんだけれど、TSUTAYAのレンタルでもVHSしか扱っていない上に、少々遠出してレンタルしなければならないということで、買っておいた次第。 さて、映画。 失業中のボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アパートメント』:ヒッチコキアン! @DVD

1996年製作のフランス映画『アパートメント』、以前購入していたDVDで鑑賞しました。 中古で購入したものですが、さて、いまとなっては何故購入したのか、よく覚えていない。 ジョシュ・ハートネット主演の『ホワイト・ライズ』のオリジナル作品なのだが、こちらの映画も未見。 謎は深まるばかりなので、さて、映画。 ビジネスの世界で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クロノス』:デル・トロ監督らしい格調とチープさ @DVD・レンタル

『クリムゾン・ピーク』のギレルモ・デル・トロ監督のデビュー作『クロノス』、DVDで鑑賞しました。 TSUTAYAの発掘良品企画で選定された作品。 デル・トロ監督作品はこれまで『ミミック』『デビルズ・バックボーン』『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』を鑑賞済み。 『ブレイド2』と『ヘルボーイ』1・2は未見。 映画全体を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジプシーのとき』『アンダーグラウンド』:エミール・クストリッツァ2本立て @名画座

ことしの初めに特集上映が組まれていたエミール・クストリッツァ監督。 ユーゴスラビア出身の巨匠監督だけれども、これまで観たのはデビュー作の『パパは、出張中!』と1998年製作の『黒猫・白猫』ぐらい。 後者のコメディタッチがどうも肌にあわなくて、その他の作品は観ないでいました。 とはいえ、この巨匠の代表作を観ていないというのもなん…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』:登場人物に対する厳しい眼 @DVD

レンタルもいいけれど、買い置きDVDが溜まってきたので、少しずつでも観ておかねば! ということでセレクションしたのが、これ『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』。 『アバウト・シュミット』『サイドウェイ』などのアレクサンダー・ペイン監督のデビュー作(1999年製作)で、主演はマシュー・ブロデリックとリース・ウィザースプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『バーチャル・ウォーズ3』:S・キングとは無関係だが、監督はミック・ギャリス @VHS

ひさしぶりに好事家りゃんひさ、未DVD化作品をVHSで鑑賞しました。 タイトルは『バーチャル・ウォーズ3』(1997年製作)。 おぉ、スティーヴン・キングの短編『芝刈り機の男』を勝手に改変した(というか新たにストーリーをつくった)『バーチャル・ウォーズ』の第3弾! と思いきや、原作はピーター・ジェームズというひとの『HOST』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いつか晴れた日に』:ダブル二股事件に巻き込まれた19世紀英国姉妹 @DVD

2015年最後の鑑賞作品は、DVDで観た『いつか晴れた日に』。 ジェイン・オースティンの小説『分別と多感』を、台湾出身のアン・リーが1995年に監督したもの。 オースティンの小説は『自負と偏見』を読んで、映画化作品の『プライドと偏見』を観たぐらいだけれど、小説も映画も面白かった。 この『いつか晴れた日に』は妻が劇場で観て、面白…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『クイックシルバー』:スティーヴン・キング+クライヴ・バーカー原作のホラーコメディ @VHS

お気に入り作家スティーヴン・キング関連の映画その2は『クイックシルバー』、1997年製作のテレビムーヴィ。 中古ビデオ屋で廉価販売しているのを見つけたもの。 『クイックシルバー』といえば、その昔、爽やか青年だった頃のケヴィン・ベーコンが主演した自転車映画を思い出すけれど・・・ パッケージをみると、キングに加えて、人気ホラー作家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Dr. M/ドクトル・エム』:フリッツ・ラングに捧ぐシャブロル映画 @VHS

1990年にクロード・シャブロルが監督した『Dr. M/ドクトル・エム』をVHSで鑑賞しました。 フリッツ・ラング監督の『ドクトル・マブゼ』を着想を得たという作品で、日本では劇場未公開、DVD化もされていません。 さて、映画。 1980年代後半のドイツ・ベルリン。 巷では自殺病なる病が蔓延している。 日に何人もの自殺者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『D.N.A.Ⅳ』:ダメダメ映画も観ちゃうんだよなぁ・・・ @VHS

『D.N.A.Ⅳ』、なんだか記号・暗号のようなタイトルですが、「ディーエヌエイ フォー」と読みます。 原題は「WATCHERS REBORN」。 これで察しがついた方は凄いです。 ディーン・R・クーンツ原作の『ウォッチャーズ』のリブート映画です。 製作は1998年、製作総指揮にロジャー・コーマンが名を連ね、主演はマーク・ハミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『結婚記念日』:ベット・ミドラーとウディ・アレンとポール・マザースキー @VHS

昨年6月に亡くなったポール・マザースキー監督。 彼の監督作品で思い出すのは『ハリーとトント』『結婚しない女』。 『ハドソン河のモスコー』『パラドールにかかる月』などは劇場未公開。 トリュフォーの『突然炎のごとく』をリメイクした『ウィリーとフィル/危険な関係』(未見)なんて作品もあるけれど、これはVHSにすらなっていない。 秀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ファニー・ゲーム』:観客の心の動揺させる底意地の悪い映画 @名画座

『炎628』と同時上映されたミヒャエル・ハネケ監督の1997年製作作品『ファニー・ゲーム』。 自身の監督で2007年にハリウッドで『ファニーゲーム U.S.A.』としてリメイクもしているが、どちらの作品も観ていませんでした。 ハネケ作品は『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』『愛、アムール』と4作品観てきているが、いずれも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アイス・ステーション』:スティーヴン・キングの『ブロス』第3弾 @VHS

お気に入り作家スティーヴン・キングが原作ということなので、超格安VHSを中古ショップで購入して鑑賞した『アイス・ステーション』。 南極の秘密施設を舞台にしたホラーという謳い文句なので、どんな内容か愉しみ・・・ でしたが、あまりにも酷い出来栄え。 さて、映画。 米国国防省が南極につくった秘密施設。 そこからの救助信号を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナインスゲート』:またまたポランスキー映画を観ました @DVD・レンタル

またまたロマン・ポランスキー監督の映画を鑑賞しました。 映画は1999年製作の『ナインスゲート』。 主演はジョニー・デップ。 300年前に出版された悪魔に関する本3部を巡るスリラーです。 さて、映画。 稀覯本を探す書籍探偵コルソ(ジョニー・デップ)。 彼は、富豪で悪魔本の収集家として名高いボリス・バルカン(フランク・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『月下の恋』:少々まどるっこしい正統派怪談噺 @DVD・レンタル

暑い夜が続く今日この頃、こんなときはホラーでも観ようかと。 でも、こけおどし的な怖さではなく、じっとりとした感じの、いわゆる「怪談」ものがいいですね。 といいうことでのセレクションは、この『月下の恋』。 ホラーらしからぬ日本タイトル、1920年代イギリスを舞台にしたゴシック・ホラー。 監督はルイス・ギルバート。 さて、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』:ジョン・シュレシンジャー監督晩年の渋いサスペンス @VHS

近所の中古ソフト屋を覗いたら、見慣れないタイトルのVHSを発見。 タイトルは『レイジング・ブレット 復讐の銃弾』。 主演はサリー・フィールド。 裏をみると、監督はジョン・シュレシンジャー。 こんな映画しらないなぁ。 とはいえ、時期的には最晩年なので、ちょっと興味惹かれるところ・・・ ということで、買って観ることにしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック・ドッグ』:パトリック・スウェイジの拾い物B級アクション @TV・地上波

2009年に膵臓癌で他界したパトリック・スウェイジの1998年主演作『ブラック・ドッグ』、テレビ放送で鑑賞しました。 放送枠はは2時間、本編尺は89分とCM入れても超余裕。 その上、エンドタイトルはカットしているので、ちょっとCMが多いぐらい。 後半なんて、CM前のシーンを1分ぐらいリピートしているぐらいでした。 さて、映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ムービング・フィンガー』:スティーヴン・キング原案の一編観たさに・・・ @VHS

これもロードショウや試写会の合間に自宅で観た一編。 タイトルは『ザ・ムービング・フィンガー』。 もともとは『モンスターズ』という30分のテレビシリーズで、そのうちから5編を抜粋して繋げたもの。 パッケージタイトルの一編がスティーヴン・キング原案のため、気になっていたものでした。 未DVD化作品で近所の中古ソフト屋で廉価で見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』:ヒラリー・スワンク準主演のホラー @DVD

ここ最近は真面目な映画ばかり観ていたので、久々にイカモノ嗜好がむくむく。 ということで2月下旬に観た『新・死霊伝説』に関連した(内容的ではありません)2本の作品を自宅鑑賞。 1本目は『ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる』。 スティーヴン・キングが創作したキャラクターを頂戴した続編映画、『ブロス/やつらはときどき帰っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ムーミン谷の彗星』:ほのぼのムードに加え怖い描写もあるムーミン1stエピソード @DVD・レンタル

フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが創造したムーミン。 今年は生誕70周年とのこと。 フィンランドで製作された『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』が劇場公開中ですが、そういえば、ほかにも長編アニメがあったはず・・・ と思って、近所のレンタルショップでさがしてみたところ、ありました、それがこの作品、1992年製作の『ムー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミッシング・リンク 失われた環』:少年の成長物語と第二次大戦時の哀しい物語 @GyaO・無料配信

1999年製作のオランダ映画『ミッシング・リンク 失われた環』、これもGyaOで無料配信されていたので鑑賞しました。 タイトルだけみると、冒険映画かSF映画みたいですが、少年の成長物語に第二次大戦時の哀しい出来事をとりまぜたドラマでした。 さて、映画。 1956年のオランダの田舎町。 少年リックは、母親と大叔母との三人暮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』:格調高いヴァンパイアもの @丸の内ルーブル閉館イベント

8月3日に閉館する丸の内ルーブルの閉館イベントで『ボディガード』に続けて1994年製作の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』を鑑賞しました。 トム・クルーズに、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスと豪華キャスト。 さらに、35ミリでのフィルム上映。 見逃していましたので、この機会にということで。 さて、映画。 1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『ボディガード』:一世を風靡したサスペンス&ラヴロマンスですが @丸の内ルーブル閉館イベント

先に記事でも紹介したとおり、8月3日に閉館する丸の内ルーブルの閉館イベントで1992年製作の『ボディガード』を鑑賞しました。 ケヴィン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演した大ヒット作ですが、当時は仕事(とその後のアフター飲み会)に忙しく、見逃していました。 DVDでも観れるのですが、35ミリフィルム上映の劇場で観れるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白く渇いた季節』:アパルトヘイト撤廃前に作られた社会派サスペンス @DVD・中古購入

ロードショウでは『マンデラ 自由への長い道』が公開中ですが、「そういえば以前、南アフリカのアパルトヘイトを題材にした映画のDVDを購入していたなぁ」と思い出して鑑賞したのがこの映画。 1989年製作の『白く渇いた季節』。 まず、映画の紹介から。 1976年の南アフリカ、オランダ系白人の歴史教師ベンは南アで生まれ育った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Queen Victoria 至上の恋』:是非ともDVD化してほしい一本 @VHS・レンタル

ジュディ・デンチが英国ヴィクトリア女王を演じた1997年製作の『Queen Victoria 至上の恋』、DVD未発売なので、VHSをレンタルして鑑賞しました。 監督はジョン・マッデン。翌年『恋におちたシェイクスピア』を撮ります。 さて、映画。 時は1865年。 夫のアルバート公に先立たれた英国王室ヴィクトリア女王は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『国際諜報員ハリー・パーマー 三重取引』:ハリー・パーマー、復活しないほうがよかったのでは @DVD

1960年代にマイケル・ケイン主演で3本作られたスパイもの「ハリー・パーマー」シリーズが1990年に入って復活。 オリジナルは観ていないんだけれど、中古DVDが安価で並んでいたので、購入してみました。 さてさて。 ロシア・モスクワに仲間とともに拠点を構えたハリー・パーマー。 闇でプルトニウムの取引がされている、その黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more