テーマ:ホラー

『ファンタズムⅡ』:アクションと残虐趣味が増して普通のB級ホラーになった @GyaO・無料配信

先日GyaO無料配信で鑑賞したドン・コスカレリ監督の『ファンタズム』の9年ぶりの続編『ファンタズムⅡ』を鑑賞しました。 前作は、演出は未熟なれども、主人公のマイク少年の眼を通しての幻想譚の趣がありましたが、本作では普通のB級ホラーになっていました。 さて、映画。 両親と兄を事故で亡くしたマイク少年は、8年間、精神病院に入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ファンタズム』:死と直面した少年がみる幻想譚、かしらん? @GyaO・無料配信

ドン・コスカレリが1979年に監督した『ファンタズム』、これもGyaOで無料配信されていたので鑑賞しました。 監督のライフワーク的シリーズ(現在4作目まで製作され、5作目を製作中とか)の第1作です。 公開当時は、劇中に登場する殺人銀球をメインに宣伝されていました。 さて、映画。 アメリカの田舎町、少年マイクは兄と二人暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『悪魔の追跡』:ホラー版『イージー・ライダー』の趣き @DVD・廉価購入

1970年代のホラー&カーアクションの隠れた佳作と評判が高い『悪魔の追跡』、DVDで鑑賞しました。 ストーリーは単純。 キャンピングカーでバカンスに出かけた二組のカップル。 途中の野営地で、男性ふたりが妖しげな儀式を目撃する。 その儀式は悪魔崇拝の儀式らしく、若い女性が犠牲となった。 目撃した彼ら4人を、悪魔崇拝集団が追っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドラキュラとせむし女』:DVDタイトルは『ドラキュラの屋敷』 @DVD・中古購入

2つ前の記事の『夜の悪魔』と同じく、過去に中古購入していたDVD「魔人ドラキュラ レガシーBOX」から鑑賞しました。 タイトルは『ドラキュラの屋敷』。 原題は「HOUSE OF DRACULA」だから、まぁ直訳ですね。 ですが、日本公開時のタイトルは『ドラキュラとせむし女』。 いまとなっては、こりゃ差別用語なので、ダメですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夜の悪魔』:セクシーなドラキュラの原点かしら @DVD・中古購入

過去に中古購入していたDVD「魔人ドラキュラ レガシーBOX」から、ユニバーサル映画のドラキュラもの第3弾1943年製作『夜の悪魔』を鑑賞しました。 原題は「SON OF DRACULA」、ドラキュラの末裔。 『女ドラキュラ』が失敗したのか、本作品が製作されるまでに7年の間があいています。 今回のドラキュラ伯爵役は、ロン・チェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女ドラキュラ』:ユニバーサル映画のドラキュラもの第2弾 @DVD・中古購入

過去に中古購入していたDVD「魔人ドラキュラ レガシーBOX」から、ユニバーサル映画のドラキュラもの第2弾1936年製作『女ドラキュラ』を鑑賞しました。 原題は「DRACULA'S DAUGHTER」、ドラキュラの娘。 『魔人ドラキュラ』の完全なる続編で、ヴァン・ヘルシング教授がベラ・ルゴシ扮するドラキュラ伯爵の心臓に杭を打ち貫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』:格調高いヴァンパイアもの @丸の内ルーブル閉館イベント

8月3日に閉館する丸の内ルーブルの閉館イベントで『ボディガード』に続けて1994年製作の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』を鑑賞しました。 トム・クルーズに、ブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスと豪華キャスト。 さらに、35ミリでのフィルム上映。 見逃していましたので、この機会にということで。 さて、映画。 1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『魔人ドラキュラ』:フィリップ・グラスの音楽版で鑑賞 @DVD・中古購入

7月上旬にハマーフィルム製作の『吸血鬼ドラキュラ』を観ましたが、今回は本家ユニバーサルの第1作『魔人ドラキュラ』をDVDで鑑賞。 以前、ユニバーサル創立70周年かなにかの特集上映の際に観ているのですが、以前に購入していたDVDを開いてみると、おおぉ、特典でフィリップ・グラスが新たに書き下ろした音楽版があるぞ。 ということで、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』:人間対人間の根源的な恐怖をヒリヒリと感じる @DVD・廉価版

以前購入していた『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』をDVDで鑑賞しました。 ジョージ・A・ロメロの処女作。 というか、現在のゾンビ(甦って死肉を食らう生きる屍)の原点であります。 さて、映画。 田舎町まで墓参りに自動車で出かけた姉弟。 片道5時間の道程。 墓地に人影はなく、帰り支度をしていると、ひとりの老人がふら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『サスペリア・テルザ 最後の魔女』:ダリオ・アルジェントの魔女三部作最終章 @DVD・レンタル

「決して ひとりでは見ないでください・・・」の惹句が強烈な『サスペリア』をロードショウで観たのは中学生のころ。 雨降る夜のローマ。 ゴブリンの呻くビートのような音楽。 赤や青のこの世のものとは思えぬ色彩。 それまでに観た(おもにテレビでだけれど)恐怖映画とは違っていて、とにかく凄かった。 トラウマといってもいい。 さて、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『吸血鬼ドラキュラ』:英国ハマーのドラキュラシリーズ第1弾 @DVD・中古購入

英国ハマー・プロの1958年製作『吸血鬼ドラキュラ』をDVDで鑑賞しました。 言わずと知れたドラキュラ=クリストファー・リーを決定づけた作品であります。 過去、テレビ放映で何度か観ているのですが、オリジナル英語発声、ノーカットで観たのは今回が初めて。 さて、映画。 19世紀、青年ジョナサン・ハーカーは司書としてドラキュラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『生首情痴事件』:悪いフィルム状態がかえって異様な迫力をうむ和製カルト @DVD・中古購入

局地的な豪雨が連続するなんだかヘンテコリンな梅雨であります。 晴れるととてつもなく暑く、ニッポンの四季はどこへいったやら。 ひと足早い暑気払いに、以前中古購入していたジャパニーズ・カルトムーヴィ『生首情痴事件』をDVDで鑑賞しました。 ときは昭和40年代初め。 資産家への入り婿した藤山五郎は、妻・玲子との夜の生活に飽き飽…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『チャイルドコール 呼声』:とにかく演出が怖いノルウェーのスリラー @DVD・レンタル

ミステリー『ミレニアム』シリーズのノオミ・ラパスが主演したノルウェー映画『チャイルドコール 呼声』。 この映画も怖い映画に分類されますねぇ。 今年は怖い映画づいています。 さて、映画。 ノオミ・ラパスは子供を虐待する夫から逃れてきたシングル・マザー。 8歳になる息子のことが心配で、片時も離れたくない。 そこで思い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『フリア よみがえり少女』:まだるっこしいスペイン産ホラー @DVD・レンタル

2014年1月も10日ほど過ぎましたが、まだ劇場へ足を運んでいません・・・ 『イノセント・ガーデン』に続き、DVDで鑑賞したスペイン産ホラー映画『フリア よみがえり少女』の感想をば。 教師のダニエルとラウラは愛し合っているもの子どもに恵まれない。 ある日、ダニエルのもとに幼なじみのマリオが訪ねてくる。 マリオの言うこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』:正統派ゴシックホラー @DVD・レンタル

19世紀末のイギリス。 出産と同時に妻を喪った青年弁護士は、幼い息子とふたり暮らし。 弁護士事務所から言い渡された仕事は、田舎町の邸宅で亡くなった家主の遺書を探すこと。 ただし、その邸宅と村には曰くがあった・・・ という「ハリー・ポッター」のダニエル・ラドクリフ主演の『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』をDVD鑑賞しま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『クロユリ団地』:21世紀の哀しい怪談噺としては水準作 @DVD・レンタル

『リング』『仄暗い水の底から』などの中田秀夫監督の最新作『クロユリ団地』、DVDで鑑賞です。 出来栄えはというと、むむむむ、むふふふ、といったところ。 まぁ、はっきりいって怖くないんですが、中田監督らしさが出ています。 クロユリ団地に引っ越してきた看護学校に通う明日香・前田敦子。 今度の三連休に家族と一緒に旅行らしい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ポゼッション』:オーソドックスなオカルト映画 @DVD・レンタル

口から出てきた手が顔を掴むヴィジュアル・インパクト凄すぎなポスター、その上、サム・ライミ製作なんだからどれぐらい恐ろしく恐ろべしいことかと期待した『ポゼッション』。 DVDで鑑賞しました。 アメリカ郊外、ふたりの娘と暮らす家族。 ただ、両親は3か月前に離婚、幸せは少しずつ崩れているのかも。 そんなある日、ガレージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アナザー Another』:少女趣味のパズルホラーですね @DVD・レンタル

いまや超売れっ子の橋本愛を主演に、綾辻行人原作の同名小説を映画化した『アナザー Another』。 綾辻行人の小説は「館」シリーズは読んでいますが、この作品は未読。 どんな内容か、以前から興味がありました。 さて、映画。 田舎の中学校に、ひとりの男子中学生が東京から転校してくる。 そのクラスの一番後ろの席に、彼には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『悪魔の棲む家』:クロエ・グレース・モレッツのデビュー作 @DVD・中古購入

1979年にスチュアート・ローゼンバーグが監督した同名作品の2005年にリメイクした『悪魔の棲む家』。 アメリカで最も有名な幽霊屋敷アミティヴィルの物語で、実話に基づいています。 さて、映画。 工務店を営むライアン・レイノルズ、妻と二男一女の三人の子どもたちと旧家に引っ越してくる。 そこはかつて、住人一家惨殺事件があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エコーズ』:オーソドックスなゴーストストーリーもの @DVD・中古購入

リチャード・マシスンのホラー小説をケヴィン・ベーコン主演で映画化した『エコーズ』。 『スパイダー・マン』等の脚本家デイヴィッド・コープが監督した1999年作品ですが、日本での劇場公開は6年後の2005年でした。 さて、映画。 配線工のケヴィン・ベーコン、ある日、友人たちとのパーティの場で、妹のイリアナ・ダグラスがら催眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Virginia/ヴァージニア』: コッポラ監督って画づくりのひとだったのね @DVD・レンタル

2013年、DVD鑑賞2本目は、フランシス・フォード・コッポラ監督の『Virginia/ヴァージニア』。 これは邦題。 エル・ファニング扮するヒロインの役名。 原題は『TWIXT』、あぁ、残念ながら意味が不明だ。 たぶん、この映画に相応しいのは『ポーの夢』もしくは『吸血鬼の処刑台』またはその英語題の『ヴァンパイア・エグゼ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『レディ・イポリタの恋人 夢魔』: オカルトブームだったあの頃の水準作 @DVD

直前に観た『ザ・ライト エクソシストの真実』に触発されて、以前、中古で購入していた『レディ・イポリタの恋人 夢魔』を鑑賞です。 1970年代前半、『エクソシスト』のヒットでかなりの亜流映画が製作されましたが、この映画もその1本。 まだ、映画を見始める前、ほんの少々前の作品でしたので、これまで未見でした。 ですが『夢魔』とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザ・ライト エクソシストの真実』: 実に論理的なオカルト映画に興味津々 @レンタルDVD

ホラー映画の棚に並んでいましたが、ホラーというよりは、神を信じるひと・信じないひとのヒューマンドラマです。 いまなおバチカンで続いている悪魔祓い・エクソシスト。 正規な役職なのだそうだ。 このオカルト性、非常に興味深いです。 オカルトというのは、科学とはまた別の論理(主として宗教的見地にたった論理)で、説明可能な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アポロ18』: 月に行ったが運の尽き、ってこと @レンタルDVD

アポロ計画が打ち止めになった裏には、こんな真実があった・・・ という体裁の疑似ドキュメンタリー形式の映画。 この手の胡散臭い作品は嫌いじゃ ないので、レンタルならいいなぁ、ということで、レンタル開始早々に鑑賞。 ふふふふふ、むむむむむ。 映像の作り方なんかは手が込んでいるのですが、いかんせん、ネタは早々に察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『リーピング』:聖書をモチーフにしたオカルト映画 @中古DVD

最近では「オカルト映画」とはいわないようで、「スーパーナチュラル映画」と呼ぶことが多いようです。 オカルト映画とはなんぞや、といわれると、科学論理では証明できないけれど、なんらか(宗教的であったり、他のものであったりするのだけれど)の論理では筋道がとおったものを扱った映画、ということになる。 これは自説。 さて、今回の映画…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『フランケンシュタインの幽霊』:モンスターはロン・チェイニーJr @中古DVD

原題は「THE GHOST OF FRANKENSTEIN」。 モンスターがボリス・カーロフからロン・チェイニーJrに代わっています。 ベラ・ルゴシ扮するイゴールは前作に引き続き登場。 第4作目ともなると、ハナシをつくるのがかなり難しいようで、オリジナルにあった格調の高さなどは微塵の欠片も見当たりません。 前作から十数年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランケンシュタインの復活』:モンスター=カーロフの3部作の最終版 @中古DVD

原題は「SON OF FRANKENSTEIN」、フランケンシュタイン博士の息子のおハナシです。 オリジナルからモンスターを演じてきたボリス・カーロフのモンスター役は、これで見納めです。 ですが、出番は前2作と比べて、かなり少なくなっています。 代わって出番が多いのは、ベラ・ルゴシ扮するイゴールと、こども時分にモンスターに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランケンシュタインの花嫁』:傑作の誉れ高き続編であるが @中古DVD

モンスター=ボリス・カーロフ、ジェイムズ・ホエール監督の『フランケンシュタイン』の傑作の誉れ高き続編です。 有名なのはエルザ・ランチェスター扮するモンスターの花嫁。 巻き巻きヘアーの美人モンスターです。 クレジットでは、Monster's Mate となっていますが、セリフではBrideと発声していて、非常に紛らわしいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『古城の亡霊』:2日で撮り上げた割にはまとまっている怪奇劇 @中古DVD

英語学習を目的とてつくられた節のあるDVDを中古格安で発見したので購入して鑑賞しました。 英語学習用と推測したのは、ジャケットは日本語で書かれているにもかかわらず、なにせ字幕は日本語もあるにはあるが英語が優先で、メニューその他も英語表記だからです。 販売されていたタイトルは「The Terror」。原題そのままでした。 さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ぼくのエリ 200歳の少女』:これは、直前に読んだ本が悪かった @ロードショウ・ミニシアター

スウェーデンのスティーヴン・キングといわれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説の映画化。 これは、直前に読んだ本が悪かった。 内容に共通するところが多々あって、ちょっと集中力が殺がれてしまいました。 読んだ本は小野不由美の『屍鬼』。 こちらはスティーヴン・キングの「セイラムズ・ロット」にオマージュを…
トラックバック:12
コメント:1

続きを読むread more