テーマ:クラシック映画

『フランケンシュタインの館』:まぁ、ココまで来ると・・・ @中古DVD

ユニバーサル映画『フランケンシュタイン』もののシリーズの一編です。 購入した中古DVD-BOXでは直前の作品(フランケンシュタインのモンスターと狼男が共演するもの)が収録されていなかったので、1作飛んでの観賞となりました。 (狼男と共演する作品は『狼男』シリーズのDVD-BOXに収録されています)。 さて、この映画では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『大地』:パール・バック原作の大河ドラマ @廉価版DVD

映画で楽しむ名作文学10枚組DVDの1枚です。 原作はパール・バックの同名小説。1937年の製作です。 当時としては大作中の大作なのでしょう。たぶん、途中にインターミッションが入る二部構成だったと思われます。 貧農のワンロンが富豪の女奴隷を妻に娶って成功していく第1部。 成功をしたワンロンが第二夫人を囲って、家庭に不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランケンシュタインの幽霊』:モンスターはロン・チェイニーJr @中古DVD

原題は「THE GHOST OF FRANKENSTEIN」。 モンスターがボリス・カーロフからロン・チェイニーJrに代わっています。 ベラ・ルゴシ扮するイゴールは前作に引き続き登場。 第4作目ともなると、ハナシをつくるのがかなり難しいようで、オリジナルにあった格調の高さなどは微塵の欠片も見当たりません。 前作から十数年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランケンシュタインの復活』:モンスター=カーロフの3部作の最終版 @中古DVD

原題は「SON OF FRANKENSTEIN」、フランケンシュタイン博士の息子のおハナシです。 オリジナルからモンスターを演じてきたボリス・カーロフのモンスター役は、これで見納めです。 ですが、出番は前2作と比べて、かなり少なくなっています。 代わって出番が多いのは、ベラ・ルゴシ扮するイゴールと、こども時分にモンスターに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランケンシュタインの花嫁』:傑作の誉れ高き続編であるが @中古DVD

モンスター=ボリス・カーロフ、ジェイムズ・ホエール監督の『フランケンシュタイン』の傑作の誉れ高き続編です。 有名なのはエルザ・ランチェスター扮するモンスターの花嫁。 巻き巻きヘアーの美人モンスターです。 クレジットでは、Monster's Mate となっていますが、セリフではBrideと発声していて、非常に紛らわしいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『BOO!』:ドラキュラとフランケンシュタインの悪夢を見る方法 @特典映像

これは、先に記事したボリス・カーロフ主演、ジェームズ・ホエール監督の『フランケンシュタイン』のDVDに特典映像をして収録されていたものです。 1930年代のモンスター映画華やかな頃、パロディとして製作された短編映画です。 ところがどっこい、これが大傑作。 噂に聞く、ウディ・アレンの『What's Up, Tiger Lilly?』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『フランケンシュタイン』:初映画化作品は傑作中の傑作 @中古DVD

ボリス・カーロフがモンスターに扮し、ジェームズ・ホエールが監督した『フランケンシュタイン』。 これは傑作中の傑作です。 以前、ユニバーサル映画75周年記念で『魔人ドラキュラ』と2本立て上映で鑑賞した際も、「面白い!」と思いましたが、DVDで再鑑賞してその出来栄えに驚きました。 ストーリーは有名なので省略しますが、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『人間の絆』:サマッセット・モームの小説を映画化 @廉価版DVD

『そして誰もいなくなった』が観たかったので購入した文学作品映画の10枚組みDVDの1本です。 サマセット・モームの同名小説の映画化ですが、日本初公開当時は谷崎潤一郎の小説にあやかって『痴人の愛』というタイトルで公開されました。 主演はレスリー・ハワードとベティ・デイヴィス。 レスリー・ハワードは障害を持った医学生、彼が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ミイラ再生』:ボリス・カーロフのミイラは包帯を巻いていない @中古DVD

ユニバーサルのクラシックホラー映画です。この作品で4作品目となりました。 ボリス・カーロフがミイラに扮するホラー映画ですが、後年量産された包帯ぐるぐるのミイラ男が人々を次々に襲う映画とは一線を画しています。 カーロフのミイラは、古代エジプトの高僧。 皇女の想いを寄せたが故に、生きながらにして、ミイラにさせられてしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『透明人間』:クロード・レインズが透明人間に扮する @中古DVD

『オペラの怪人』に引き続き、クロード・レインズが主演のクラシック映画です。 H.G.ウェルズの原作を1933年に映画化したものです。 メイキングをみると、製作当時、ウェルズはまだ健在であり、映画化に際して口をだしたもようです。 クロード・レインズが主演ですが、『透明人間』なので、顔は包帯ぐるぐる巻きか、透明で、素顔はラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『オペラの怪人』:クロード・レインズが怪人に扮する2度目の映画化作品 @中古DVD

ガストン・ルルーの原作を、クロード・レインズが怪人に扮して映画化した作品です。 いまではすっかり『オペラ座の怪人』というほうが通りがよくなってしまいましたが、1回目、2回目の映画化までは『オペラの怪人』という邦題でした。 製作は1943年なので第二次世界大戦中です。 時代を考えると、かなりの大作です。 セットも豪華で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『そして誰もいなくなった』:ルネ・クレール監督版 @廉価版DVD

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』、4度映画化されていますが、その第1回目。 監督は戦前のフランス映画界の名匠ルネ・クレール。 1945年に製作された作品ですが、日本での公開は1980年代にはいってからでした。 その時にも観ているのですが、クリスティ生誕120年を意識しての再鑑賞です。 第2回目の『姿なき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more